大阪府松原市天美北 S様邸 マンションフルリノベーション工事事例

 

物件情報


お悩み

・2人の子供が独立し夫婦二人での生活が始まったご夫婦
・日頃は仕事で家を空ける事が多く、自宅で過ごすのは休日と夜
・華やかさと高級感を備え、夫婦でゆったりと過ごせる空間を作りたい
・それぞれのプライベート空間は必要最低限の広さで確保したい
・できるだけ部屋は区切らずに、将来お孫さんが遊びに来た際も走り回れるようにしておきたい
・生活感が出ない様、各部屋には細かく分類分けできる収納と、たくさんのお洋服・鞄・靴をゆったりとなおせる収納部屋が欲しい
というご要望であった


リブウェルリフォームからのご提案

【提案のポイント】
【きれい】
仕事をしている傍ら、汚れやすい水廻りには鏡面仕上げの扉素材を使い、高級感を保ちながら手入れのしやすさを追求した。
壁床には白系のキッチンパネルとフロアーを採用し、ビビッドな鏡面扉カラーを引き立たせながら
目でも清潔さが伝わる空間を提案した。

【便利】
BF空間であるのは勿論、出入口は全て引戸とし、ミニマムな空間を最大限に利用できる工夫を施した。
日頃お二人が過ごす空間に間仕切りは必要なく、和室の縦格子のみが空間を柔らかく区切っている。

【快適】
洗面・玄関には天井までの収納を配置し、お二人の持ち物+αの量まで市販の収納を買わず納まる様計画した。
圧迫感が出ない様に壁面と同じ白色にし、玄関収納に組込まれた椅子は、蓋を開ければ収納になり
引き出した際は靴の履き脱ぎの際便利な腰かけになる。

【安全・安心】
ハイサイズの壁面収納を多く採用している。
造り付け収納は壁・天井へ固定である為、万が一地震が起こった際も重量家具の転倒は避けられる。
地震対策はデザイン性・快適性と共に重要な課題であった。

【省エネ】
節水トイレ・節水シャワー・LEDの提案は勿論、「必要な量だけ使う」が当たり前に行えるオート水栓をキッチンお勧めした。
普通に暮らし節水節電できる事は、住まいの基本と考える。
調湿機能とデザイン性も高いエコカラットは、水廻りへのマストアイテムとなった。


リブウェルリフォームとの出会い

ホームページをご覧になられたお客様です。

施工前

  • 施工前

    築35年のRCマンション。南側に6畳2間、真ん中にリビング。
    各部屋が間仕切りで仕切られた間取り
    窓からの明かりがリビングまで届かず両サイドの家具が空間を手狭にしていた。

  • 施工前

    大型のクローゼットは洋室に1か所あるだけで、お二人の荷物がびっしりと収められていた。
    たくさんのお洋服をお持ちでしたので、取り出し安く片づけ易い収納をご希望されていた。

  • 施工前

    家全体リノベーションするなら、圧迫感のある梁の存在感を出来る限り感じないようにしたい。
    玄関ドアも部屋に合うようインテリアに合わせて蘇らせてほしいというご要望があった。

  • 施工前

    古くなっていた排給水管は全て新しく取替え、日頃見えない部分をメンテし長く安心して住まい続けれるマンションへ蘇らせる。
    マンション自体の価値も上げる事ができるのがリノベーションの醍醐味

施工後

  • 施工後

    シックな重厚感漂う、ダーク色の床・建具
    そこへ華やかさと高級感を添える、天然石のアクセント壁
    原石の質感がそのまま残る壁に、間接照明の効果で浮き上がる陰影

  • 施工後

    お仕事でホテル住まいも多いお二人。ホテルの照度と同じ位の明るさにしたいというご要望。食卓と仕事場所以外はできるだけ照明の照度を落とし、リラックスできる様配慮した。

  • 施工後

    大人一人が寝そべれる畳スペースを作って欲しいというご希望。 classic×luxury空間に琉球畳と縁甲板の和のアイテムを加え、素材やテイストの違いをも楽しんでいる。

  • 施工後

    まず気に入ったのは「深みのある赤」。鏡面の美しさと派手すぎない大人の落ち着いたボルドー色が奥様の印象にぴったりだった。この赤をいかす為の白基調の上品な壁床配色にもこだわっている。

  • 施工後

    「お互いの気配はいつも感じていたい」という奥様のご希望。家事をしながらもリビングを見渡せ、大型TVで好きな映画を観れるよう、壁付けI型キッチンから対面L型キッチンに変更した。

  • 施工後

    シームレスで手入れがしやすく、強度も高い人大シンクのしっとりとした素材感を気に入られた。いつも使う場所には高機能の物を使いたいというご希望で、美しいフォルムのハンズフリー水栓を採用。

  • 施工後

    当時のマンション躯体ならではの小梁のある空間は、壁面にデットスペースが生まれがち。必要な奥行・幅にあわせ収納をオーダーすることで無駄のない快適な空間ができた。

  • 施工後

    梁から梁までぴったりでオーダーした壁面収納。仕事用の書類、パソコン、食器がこの収納ですべて収まるように設計されている。

  • 施工後

    たまに畳に寝ころびたくなる日本人の心を満たす空間をリビングの一角に設けた。ハードな木目の床材と目の細かい琉球畳が違和感なく存在している。優しいい草の香りが心地よい。

  • 施工後

    十分な収納を設ける事を最優先させ、洗面・洗濯機はコンパクトにまとめた。洗面はW750へサイズアップし三面鏡の採用で機能性は向上。壁出水栓の清掃性の良さは女性には嬉しい所。

  • 施工後

    2人分のタオル・下着・洗濯物、全ておさめられる収納を配置。メイクルームは別に有る為、夜に収納内の物が見つけやすい様に照明位置を収納側にずらし、明るさも含め生活感を抑える工夫をした。

  • 施工後

    1216から1316へサイズアップし浴槽が100㎜広がりゆったりくつろげるようになった。その浴室で長時間TVも楽しめる様、送風暖房機能を備えた換気乾燥暖房機を採用している。

  • 施工後

    限られた空間を最大限利用する為、タンクレストイレを採用。梁壁間のデットスペースは収納に。ボトルトラップやニッチ、壁面タイル等ミニマム空間ながらもインテリア性を高める工夫をした。

  • 施工後

    デザイン性に優れた調湿防カビ性能のあるエコカラットを採用。意匠性の高い空間にしながら快適性を追求できる。凹凸のあるデザインの中に配置された女性らしい円模様が上品な空間を演出している。

  • 施工後

    約2坪のウォークインクローゼット。お二人のお洋服・鞄を全てこの部屋に収め、お手持ちのタンスごと収納する。生活感を表に出さない為の贅沢な空間。

  • 施工後

    ハンガーパイプ付きの棚は、お洋服や鞄の高さに合せ移動できる。お洋服や装飾品をたくさんお持ちの奥様が「衣装替えもこれからほとんどせずに過ごせる」と喜ばれている。

  • 施工後

    約50足の靴が収納できる玄関収納。一部引き出せば腰かけとして利用できる。大容量なのに圧迫感を一切感じさせないのは白の持つ力。

  • 施工後

    玄関と廊下の見切りには大理石を使用した。本物の素材を箇所箇所で利用することで、家全体のさまざまなディテールの高級感が増している。

  • 施工後

    リビングを重厚に仕上げているタイルの横には、シンプルかつ存在感のあるTVボードを配置したいというご希望。大工さん作成のTVボードは天然石との相性もよく好みの色合いへ塗装している。

  • 施工後

    帰宅後、静かに時間を過ごしたりアイデアを練ったりするお二人を包む間接照明。クリエイティブ脳(=リラックスした状態)になる為には、直接照明でなく間接照明の空間に身を置くのが有効。

  • 施工前

    リフォーム前

  • 施工後

    リフォーム後


担当者の声

・生活感が出ない様、今ある物をどこに・どの量配置し収納するか
お二人の生活をより快適に豊かにできるかを、各部屋のプランニングでの課題としました、
・お客様をお迎えする事も多いリビングには、仕事関係の資料サイズに合せたオーダー収納を壁面一杯に配置し生活感を出さず、快適に仕事もできる様計画しています。
・シックな装いの中に、さし色で遊ぶコーディネートがお好きなご夫婦<>br 家造りのカラーセレクトにも取り入れ、リビングにはボルドー色をポイントカラーとした大人の配色にもこだわり、心の豊かさを追求しています。
担当:堂尾
堂尾

  • 0120-928-222松原市堺市他近郊のお客様
  • 0120-932-203藤井寺市羽曳野市柏原市他近郊のお客様

お電話でのお問い合わせはこちら