羽曳野市S様邸 外壁一面塗装リフォーム工事

 

物件情報


お悩み

和室の壁に雨漏れを見つけた。梅雨に入る前に雨漏れを直しておきたい。


リブウェルリフォームからのご提案

【提案のポイント】
外壁の一面が、雨風にさらされやすい状態で、かなりヒビが入ったり、傷んでいました。
また、サッシが2・3個リフォームでつけられており、そこから水が回っている可能性もあると現地調査で分かりました。
ひとまず、傷んでいる一面を塗装することをご提案しました。


リブウェルリフォームとの出会い

2011年04月のリックはびきのの当社イベントにお越し頂きました。

施工前

  • 雨風を受けていた一面です。
    隣が更地になっていて、さえぎる物が
    何もありませんでした。

  • しみになっているところが雨漏れの後です。

  • サッシの近くでクラックが入っています。

施工中

  • 壁のクラックを埋めていきます。

  • 埋めたあとに、塗装を塗っていきます。

  • このサッシ周りのコーキングが切れていたことが、雨漏れの一番の要因と考えられます。

施工後

  • きれいな色になりました。

  • ひび割れもすべて補修されました。雨漏れもおさまりました。


担当者の声

今回は、雨風を一身に受ける一面の壁の塗装でした。
周りの壁面と比べ、とても傷んでおり、その延長線上で出窓の周りのコーキングが切れてしまい、水が屋内に回ってしまっていました。
完工後、コーキングがきちんと回っているかどうかを水をかけてお客様立会いの下、点検しましたが、無事に水が回っていないことを確認できました。