大阪府堺市北区蔵前町 I様邸 外壁塗装事例

 

物件情報


お悩み

色褪せ・コーキングもはがれてきているので綺麗にし直したい


リブウェルリフォームからのご提案

【提案のポイント】
今回塗り替えたら長く持たせたいとのご要望でしたので、
高耐久のスーパームキコート塗料とジョイントエンペラー目地材をご提案させていただき、ご採用いただきました。


リブウェルリフォームとの出会い

ホームページをご覧になられてのお客さまです

 

施工前

  • 施工前

    紫外線による劣化がひどく褪色が見られます。一部、屋根材が割れて補修した箇所がありました。
    今回の対処方法としては、再度コーキング処理をして塗装することで保護します。

  • 施工前

    経年変化の影響により笠木部分の釘が抜けかけている箇所があります。
    抜けかけている箇所は専用ステンレスビスで打ち替えを行い、ポリウレタン系シーリングで補修をし、塗装をする必要があります。

  • 施工前

    紫外線による影響から塗膜の結合が弱くなり、塗料の水をはじく力がなくなってチョーキング現象が発生しております。
    外壁材の中に入り込んだ汚れ落とすために、しっかりとバイオ高圧洗浄をし塗装をする必要があります。

  • 施工前

    雨樋の色褪せが見受けられます。
    今回、外壁と併せて塗装をすることで、それぞれの材料を長持ちさせることができます。

  • 施工前

    基礎の一部に表面の浮きが見受けられます。
    浮いている箇所を撤去後、左官で補修し、塗装をすることで基礎の中性化を予防し、お家を長持ちさせることができます。

  • 施工前

    シーリングの劣化が進行しております。
    今回のタイミングで目地部分は打ち換え・サッシ部分は増し打ちをすることで雨水の浸入を阻止し、お家を長持ちさせることができます。

  • 施工前

    外壁材に一部カビ・コケが発生しているところがあります。
    今回塗装をするにあたり、しっかりとバイオ洗浄をして、専用の添加剤を塗料に混ぜることで、カビ・コケの発生を抑制することができます。

  • 施工前
  • 施工前
  • 施工前

施工中

 
  • 施工中

    外壁屋根の寿命を延ばす為塗装前に必要な下地処理です
    バイオ洗浄は微生物の殺菌消毒効果があるので洗浄後の美観の持続効果があります

  • 施工中

    錆止めは、金属部分を塗装する前に行う下塗りの工程です
    錆止めを塗らないで、中・上塗りをすると、直ぐに剥がれてくる可能性があるのでとても大切な工程です

  • 施工中

    プライマーは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗るもので、その後に塗る中・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があります
    よく下塗りと言われます。実は、上塗り材には密着性はないため、プライマーが両面テープのような役割をします

  • 施工中

    プライマー・下塗り・上塗りと計3回丁寧に塗装していきます

  • 施工中
  • 施工中

    ローラーでは届かなかった部分には専門の職人さんが刷毛で少しずつ塗料を重ねていきます

施工後

  • 施工後

    外壁材自体の割れや劣化は見受けられませんが、紫外線による経年劣化等が進み、チョーキングを起こしていました
    今回、バイオ洗浄で表面の汚れをきちんと除去し、症状に合わせた下地補修を行い、適切な塗料を塗布することで大切なお家をしっかりと保護することができました

  • 施工後

  • 施工後

    外壁はつやを取り戻し、劣化が著しかったシーリング部分の補修をおこなったことで防水性能を取り戻しました
    今回のタイミングで縦目地に関しては打ち替え。サッシまわりは増し打ちを行っています

  • 施工後

  • 施工後

    紫外線による経年劣化の影響で、既存塗膜のはがれやチョーキングが
    進行していた付帯部分
    このまま放置をしていると基材自体の劣化の進行がすすみ、付帯部自体のやり替えをおこなう必要があるため、今回のタイミングで再塗装をおこないました


担当者の声

せっかく塗り替えるのでイメージを変えたいとのご要望があり、色の打ち合わせは念入りにさせていただきました。
I様宅のサイディングの模様と塗料の色や光沢がばっちり合い、とてもきれいに仕上がりました!
工事中の連絡をマメに取らせていただき、とても助かりました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
担当:大家
大家 明日香