和歌山県橋本市S様邸 バリアフリーリフォーム工事

 

物件情報


お悩み

御主人さん本人が、介護認定を受けられ、それを使って浴室に手すりをつけたい


リブウェルリフォームからのご提案

【提案のポイント】
浴室は最も家庭内事故がおきやすいところの1つなので、手すりを3か所ご提案しました


リブウェルリフォームとの出会い

以前、工事をしていただいたOBさんです

施工前

  • タイル張りの広々としたお風呂です。
    さらに入口には段差がありました。

  • 手すりは1本も付いていませんでした。

  • 階段を踏みちがえて、けがをされてしまいました。

施工中

  • 床が汚れないように、シートを敷いて作業をします。

  • タイルには直接手すりを設置できます。

施工後

  • 浴槽からの立ち上がりに便利な1本です。

  • 浴槽から洗い場の行き来に1本と、洗面所から浴室への行き来に1本付けました。

  • 階段下の角の壁にはクッション性のある商品を設置しました。


担当者の声

御主人さんが奥様の介護をしていましたが、本人さんも思いもがけない場所でけがを
されてから、介護認定を受けられて初めて、浴室での手すりの大事さを痛感されていました。
このような方はとても多いのではないかと思います。とにかく安心して使用していただいていると聞いて、私も安心しました。